読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーは夢をみる

働きたい、育てたい、すきなことをしつづけたい。

子連れで沖縄を満喫!2歳児も大好きなポークたまごおにぎり本店

来月(10月)あたり子連れ沖縄旅行を計画する人が増えるでしょうか。
子供にとっても連れ歩く親にとっても真夏の沖縄は体力的に不安だから、あえてオンシーズンを外すという方が多いですよね。

ブログには書き損ねていましたが、わたしたち家族は梅雨明けぎりぎりの6月に沖縄旅行へ行きました。多少、雨に降られましたが、暑すぎず、海も屋内施設も楽しんで、おいしいものをたっぷり食べて、家族3人で充実した休暇を過ごしました。特に海に初めて入った娘のおっかなびっくりの表情と、しばらくして慣れてきてからの満面の笑みが最高でした!

子連れで沖縄へ行くのは、一昨年、娘が10カ月の頃に続いて2回目です。
わたしが沖縄に行ったのはこの2回だけですし(娘と同じ回数!)、子連れ旅行にも慣れているわけではありませんが、そんな沖縄&子連れ旅行初心者でも大満足できたスポットを思い出してご紹介します。

今日は、沖縄での忘れられない朝ごはん、ポークたまごおにぎりのお店を。


ポークたまごおにぎりって?

じゅわっと焼いたスパムと卵焼きをごはんと海苔ではさんだものを「ポークたまごおにぎり」というそうです。
前回(一昨年)の旅行ではその存在に気づかなかったのですが、お弁当屋さんやコンビニでも売られている、沖縄のソウルフードのひとつだとのこと。

わたしたちが6月に行ったのは、そのポークたまごおにぎりの専門店として出来立てあつあつを提供してくれる「ポークたまごおにぎり本店」というお店です。そのものずばりの気持ちいい名前!

 

もっともっと食べたくなる味

わたしは普段はあまりお米を食べません。嫌いなわけでも、炭水化物を制限しているわけでもないのですが、あんまり食べられません。カレーとか、親子丼とか、ごはんにすごく合うあまじょっぱいおかずがあるとか、そうでない限りは普段は子供用ごはん茶碗に半分くらいがちょうどよく感じます。2歳半の娘と同じくらいの量です。

でも「ポークたまごおにぎり本店」で食べたあつあつのポークたまごおにぎりは、1つあたりそれなりのお米が使われていると思うのですが、ぱくぱくいけちゃいました。カレー級にごはんがすすむ味わい!
スパムの肉汁と、やわらかいたまご焼きが、ごはんにとってもよく合います。そしてメニューごとに工夫されたユニークな具の組み合わせが新鮮で楽しい。
満腹になってもまだ他のメニューも食べてみたくて、結局、旅行中に2回行きました!


こんなおにぎりを食べました

写真があまりよくないのですが…

・トマトフライポークたまごおにぎり 特製タコミートと自家製サルサソース

トマトフライポークたまごおにぎり

スパムの肉汁、ジューシーなトマト、タコミート、とろーりチーズが混ざり合って、沖縄感たっぷりの味。

 

・お得なボックスでも買ってみました

お得なボックス

おにぎり4つとアーサ汁2つで1380円。わたし、夫、娘の3人で分けてみんな満腹になりました!
セットのアーサ汁は味噌汁でなくお出汁のスープ。香りがよくておいしかったです。


子連れに嬉しいポイント

子供も大好きな「おにぎり」なので、喜んで食べてくれました。
娘には、スパムがどーんと入っているので他の具はヘルシーにしたくて、「にんじんしりしり」のおにぎりを買いました。そうとう気に入ったようで1人で1つぺろっと食べてしまいました!
おにぎりといっても具をごはんと海苔ではさむスタイルなのですが、袋に包んで渡してくれるので、2歳児でもほとんどこぼさず上手に食べることができましたよ。

さらに、沖縄ではあまりモーニングの習慣がないらしく、こちらは朝早くから食事ができる数少ないお店のひとつであるようです。
モーニングをやっているところでも、おしゃれなカフェだと、子連れでは入りにくいですしね…。イートインスペースでも子供NGではない貴重な朝食どころです。

 

子連れ注意ポイント

人気店なので少し並ぶ場合があります。わたしは1回目に行ったときに行列ができていました。そのときは近くにレンタカーを停め、夫と娘は車で待っててもらい、買ったおにぎりも車で食べました。
店舗前もイートインスペースも狭いので、週末や、開店(朝7時)後しばらく経っているなど行列しそうなときは、子供と一緒に並んだり店内で食べるのは大変かもしれません。

また、最寄りの牧志駅からは入り組んだ路地を0.5㎞です。目につくものすべてが気になる2歳児を連れて歩くのはちょっときつい距離でした。レンタカーで行く場合も、わたしたちは付近がよくわからず迷ったうえ、お店の前は道が細くて車を入れられませんでしたので、地図をよく確認されることをおすすめします。

第一牧志公設市場やアーケード街のすぐそば(というか敷地内なのかな?)なので、行きはタクシーを使って、帰りはお店を見ながらゆっくり歩くのが楽しいかなと思います。

 

 

那覇中心部にあるお店なので、ここで朝ごはんを食べてから街で遊ぶのもよし、テイクアウトして車内でぱくつきながら郊外をめざすのもよし。もちろんランチにもいいでしょうし、20時までやっているので夜食にするのもいいかもしれません。場所さえわかれば利用しやすいお店だと思います。

ああ、わたしもまた食べたいなぁ、ポークたまごおにぎり。
自宅でも作ってみようかと思ったのですが、関東ではスパム缶が高いし(500円くらいしますよね)、あのふんわりしたたまご焼きが作れそうにないし、何より家族全員があつあつを食べることはできないしなあ。

気になった方はぜひぜひわたしの代わりに食べてきてください!
わたしも次に沖縄へ行く機会があったらまた食べにいきたいです。