読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーは夢をみる

働きたい、育てたい、すきなことをしつづけたい。

パパのためにまほうをつかうよ

娘はアンパンマンが大好きです。
アニメを見ているとき以外でも、ぬいぐるみに話しかけ、お気に入りのキャラクターのセリフをくり返し、アンパンマンの世界にひたっています。

最近は先日テレビで放送された去年の映画「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ 」のミージャのセリフが大好きです。
ミージャはランプの精で、腕輪の宝石に手をかざして呪文を唱えると、誰かの願いをかなえることができます。魔法の呪文は「なんじゃもんじゃなんじゃもんじゃ、ミージャ!」。
娘はこれをセリフも動きも完璧にマネします。わたしや夫が「わあ、はなちゃん魔法使えるの?すごいね~!」とリアクションするととても満足げです。
わたしも小さいころ本気で魔法使いになりたかったので(今でも本気でなりたいですが)、そんな娘をみていると嬉しいです。そうだよね、魔法使いたいよね、わかるわかる。

娘が魔法を使う姿が見たいがために、ときどき親からも「魔法使って~」とリクエストして、魔法使いごっこを楽しむようになりました。


さて、今朝のことです。

家族3人そろって寝坊してしまい、いつも以上に慌ただしい朝でした。
娘は食卓で朝食をとっている間、わたしは朝食抜きで洗面所で身支度をしていました。すると、キッチンから「うわぁ~!…ああ、もう!!」という苛立った夫の声。
何事かと様子を見に行き、「どうしたの?」と聞くと、「お弁当ひっくりかえしちゃった」とのこと。おかずを詰めている途中で手がすべってしまったのだそうです。キッチンの床にはおかずが散乱…。

自分でぱぱっと片付けていたのでわたしが手伝うこともすでになく、「ケガしたわけじゃなくてよかった、ありがとう」と伝えて洗面所に戻ろうとしました。
すると娘が、

「おべんとうをなおすよ~。なんじゃもんじゃなんじゃもんじゃ、みーじゃ!」

と、完璧なセリフと動きで魔法を使ってくれました!
苛立っていたパパは、「お弁当直してくれたの?!すごい!嬉しいな~!!」と、一気に笑顔です。もちろんわたしも笑顔。娘も笑顔。魔法は効果ばっちりでした。


魔法使いごっこは何度もしていますが、遊びの途中でも親からのリクエストがあったわけでもなく自分から、しかもひとのために魔法を使った、ということに心を動かされました。
わ、わたしが子供のときは魔法で空を飛びたいとか背を伸ばしたいとか自分のことしか考えてなかった気がする…。

ちいさな魔法使いにこれからも驚かされそうな予感です。
次はママにも魔法使って…!!