読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーは夢をみる

働きたい、育てたい、すきなことをしつづけたい。

ママさん歯科医の技を盗め!歯磨き嫌いの娘がスムーズに口を開けるポイント?のメモ

育児

2歳児歯科健診に行ってきました。

歯磨き、特に仕上げ磨きが大嫌いな娘。
はみがきのアニメや歌、絵本も効果なし、お人形で歯磨きをしてみせても遊ぶだけ、話して聞かせても、親が歯磨きしているところを見せてもダメ…
あまり時間もとれず結局ムリヤリ押さえつけて磨く日々です。大泣きする娘もかわいそうだし、こちらもつらいし、そこまでやっても保育園の歯科検診はいつも「汚れ+」で本当にへこみます。

歯医者さんへ行くのは3回目ですが、前回、前々回は予想通り大泣き。

ところが、今回は…

 

歯医者さん:はなちゃん(娘)、先生にお口見せてくれる~?

娘:(あーん ←超すんなり)

歯医者さん:わ~、はなちゃん上手だね~!

わたし:…!?じょ、じょうずだね…っ??

 

3回目で慣れた?いやいや、親の仕上げ磨きはあんなに嫌がるのに?!

親には甘えがあるからとか、病院では先生の言うことを聞くものと理解しているとかもあるかもしれませんが、先生の対応をよく見てみると、参考になるポイントがいくつもありました。
初回、2回目はさすがに知らない場所と人で泣いてしまったものの、今回はもう慣れてしまって、先生の技で素直に診察してもらえるようになったということでしょうか…!

娘がお世話になっている先生はご自身もお子さんがいて(たぶん小学生くらい)、いつも経験談も交えつつ指導してくださいます。特に子供の扱いに慣れていらっしゃるのかもしれません。

ママやパパの言うことは聞いてくれないくせに~っという釈然としない気持ちは横に置いておいて、先生の技を忘れないうちにメモしてみます。


道具をよく見せ、触らせ、説明する

口の中に道具を入れるときは、まずよく見せて、触らせていました。
小さな鏡(歯鏡っていうのかな?口内鏡??)であれば、「ほら、鏡だよ~。お顔が映ってるね。これでお口の中を見てもいいかな?」というかんじ。
フロス(ピックでなく糸状のもの)まで、娘の手にからませながら、「これなんだろう?見たことある?こういうふうに(子供の指の間に通して動かしながら)歯と歯の間をおそうじするからね」と説明していました。

確かに大人も歯医者さんでよくわからない器具を口の中に入れられるのはちょっと不安ですものね…。

自宅で普段使っている歯ブラシについて説明したことはあるような気がしますが、0歳で歯磨きを始めたころに数回だけ、そんなに丁寧な説明ではありませんでした。
毎回、もう少し丁寧に説明するようにしてみようかな…。


子供の体勢に合わせる

当たり前かもしれませんが、口まわり以外、子供の身体には一切触れませんでした。わたしに対しても、お子さんをこういう体勢にさせてください、というような指示はありませんでした。
娘がわたしにしがみついていたら、呼びかけて顔だけを先生のほうに向かせて。慣れてきてわたしの膝の上で横向きに座ったら、先生が移動して。飽きてきてわたしの膝から降り、診察台の前に立っていたら、立ったままで。娘のしたい体勢に先生が合わせて診察していました。

自宅ではやっぱり押さえつけられることが嫌で、そうなると予想できるから歯磨き自体をどんどん嫌がるようになっているのかな…。特に朝は時間が限られているので、押さえつけることをゼロにはできないだろうけれど、できる限り減らす方向にしたほうがよさそうです。


優しく、落ち着いて対応する

常に語尾が優しく伸びていて、ゆったり話しかけていました。
歯磨きのときに怖い顔をしちゃいけない、急がせちゃいけない、とは思っていたけれど、先生はわたしや夫とは比べものにならないくらい優しく優しく対応していました。
毎朝毎晩、なかなか余裕がもてませんが、やっぱりここは重要ですね。がんばろう…。


ほめ方がおおげさでない

これはポイントなのかわかりませんが、わたしや夫のほめ方と、先生のほめ方は全然ちがうことに気づきました。わたしたち夫婦はごくまれに素直に口を開けてくれたときとか、押さえつけて歯磨きを終えたあとなどに、「はなちゃん、すごいね!上手にできたね!!ありがとう~!!いえーい!!」みたいなかんじでつい大げさに騒いでほめてしまうのですが、先生はそんなことをするわけもなく、やはり落ち着いていました。「わあ、じょうずだね~」くらいのテンションです。

病院なので当たり前かな?
でも、もしかしたら、わたしたちのほめ方がわざとらしくて娘はしらけていたりして。2歳にもなるとけっこういろんなことわかってるかんじしますものね。あんまりやりすぎないようにしてみます。


おわりに

わたしは歯が弱いようで、しかも産後はさらに弱くなったようで、現在進行形で虫歯に苦しめられています。歯列矯正のため4本抜歯しているので、残っている歯は大事にしたいのに…。
自分の虫歯のつらさ、治療のストレス、老後どれだけ歯を残せるかの不安を思うと、娘の歯を守ってあげたいなと思います。乳歯の虫歯は永久歯にも影響するといいますものね。

歯科検診で先生の行動を観察した個人的なメモでしたが、わたしと同じように歯磨き嫌いのお子さんに悩まされている方に参考にしていただけたらうれしいです!